ケアの方法が大切

気になる髪のダメージをシャンプー選びで改善する方法もありますが、何より大切なのは日々のケアにあります。間違った方法で洗髪や乾燥を行っていると、いくらシャンプーを変えても結果が出ないこともあります。毎日行うことなので、シャンプーとドライは髪にダメージの少ない正しい方法を実践するようにしましょう。シャンプー後の髪の乾かし方について紹介します。

髪の毛は濡れている状態だと、髪の一番外側にあるキューティクルが剥がれやすくなります。キューティクルが剥がれることによって髪の内部の水分が蒸発し、髪が傷みやすくなってしまいます。ドライヤーによる乾燥は髪にダメージを与えるのではないかと自然乾燥を行う人もいますが、これは却って逆効果になり、髪の毛に加わるダメージが大きくなってしまいます。そのため、洗髪後はできるだけ早く乾燥させることが美しい髪を守るために大切です。

洗髪後にタオルで水分を取ったら、ドライヤーを髪に近づけすぎないよう気をつけながら、根元から先に当てていきます。同じ箇所ばかりに風を当てないよう、ドライヤーを振りながら毛先に向かって乾かします。ほとんどのヘアサロンでは1200wの風量があるドライヤーを使用しています。

ドライヤーをする際は、強い風で一気に乾かすことがコツです。ヘアサロンでは、1200w~1400wの風量が多いドライヤーを使っています。
髪は根元が厚く、毛先へ行くほど薄くなるので、中の方からしっかりと乾かします。オーバードライは良くないですが、完全に乾かして髪の摩擦を防ぐことが大切です

出典 《美髪ベースメイクシャンプー『守り髪』

お気に入りのシャンプーと正しいケアの方法を守って、ダメージに負けない美しく健康な髪を目指しましょう。

Pocket